田舎暮らし格安物件/田舎暮らし賃貸/古民家賃貸/田舎暮らし家庭菜園/田舎暮らし仕事

田舎暮らしには夢がいっぱいだ。ただ、今力を入れているのは健康寿命について。どうやら都会暮らしでは神様や仏様から健康寿命はいただけそうにない。お陀仏する前の数か月~数年間を生かしてもらうためにお医者様からいただける寿命は健康寿命とは言えない。そこで神様や仏様から健康寿命をいただくには暮らし方が重要ではないかとぼんやり気が付いた。幸いなことに、神様や仏様から健康寿命をいただくためではないが、たまたま千葉県の田舎の竹林で田舎一人暮らしをしている折に、この暮らし方自体が唯一神様や仏様から健康寿命をいただける暮らし方ではないかと気が付いた。このブログの読者の皆様に、私と同じ暮らし方をしろと押し付ける気持ちは毛頭ありませんが、このブログの読者の皆様はこれが何かの縁と思って、神様や仏様から健康寿命をいただける暮らし方について考えていただければ幸いに思います。


「スポンサーリンク」

 





2013年11月15日

田舎暮らし不動産(格安物件)の何処に夢がいっぱいあるのか

田舎暮らし不動産(格安物件)の何処に夢がいっぱいあるのかと訊かれれば、田舎暮らし不動産(格安物件)の全部と答えたい。
都会の不動産と田舎の不動産のどっちに夢がいっぱいあるかと訊かれれば、田舎暮らし不動産(格安物件)と答えたい。
やはり、田舎暮らし不動産(格安物件)は文字通り格安な点が、都会の不動産には無い大きな夢を醸し出すと思う。
例へば、都会の高額な宅地で20~30坪の家庭菜園を営もうとしても、30坪位の宅地では全部が家庭菜園になってしまい、土地の相場価格と釣り合いがとれない。
田舎の30坪の山林を開墾して、家庭菜園だけをやっても、家族や友人からとやかく言われる事は全く無い。
このあたりが、当たり前のようで当たり前でない田舎暮らし不動産の特徴であり、夢を育む大元と言える。

0 件のコメント:

コメントを投稿